1989年04月26日

LAUGHIN' NOSE@渋谷公会堂

artist:LAUGHIN' NOSE

date:1989.04.26.WED
hall:渋谷公会堂
seat:2階21列10番
price:@3,000



みんな、ラフィンを待っていた! 東京再上陸



ラフィン復活!
1987年4月19日の日比谷野外音楽堂のライブで
ファンが将棋倒しになって3人が死亡した。
とても衝撃的な事故・・・。
それから1年・・・。
それは、すごい燃えたライブだった。
↓ライブ翌日の新聞記事
loughin_1.jpg

その記念すべきライブに行った。
事故防止のため、前列5列は客席を取り外された。
そんなこのライブのチケットの裏には
また事故が起きないようにと
このライブのために 特別にいろいろと注意書きがされていた。
↓その時のチケット
loughin_2.jpg

ファンの方もまたライブが出来なくなること、
誰かが怪我をするようなことが起きないように
(警備員の異常なほどの多さもあってか)
普通のライブとは違った緊張感を持ちつつ、開演を待つ。

1曲目が始まったら、緊張していた会場も一気にヒートアップ!
28曲やったと当時の新聞には書かれているけど
そんなにやったんだぁ・・・ 確かに長かったもんなぁ〜
と思い出した。

いきなり1曲目から切れてしまったかの様に暴れてしまったので
2、3曲目では、すでに汗だくだった記憶がある。
足からも汗が流れ落ちる・・・靴まで汗で濡れてしまった。
そんなに汗をかくほどのライブって
今振り返ってみてもないかも・・・。
それほど、会場内が熱く燃え上がっていた。

ライブ始まって暫くして、どうも私たちの居る列・・・
窮屈だな・・・ って思った。
周囲のお客も、やはり同じ事を思ったのか、
おもむろに人数を数えてみる・・・。
1人多い・・・(^ ^;
何処の席の人なのか知らないけど、
とにかくちょっと小競り合いが起こる。
けれど・・・トラブルが起きたら即刻ライブは中止に・・・。
最悪の事態だけは避けたいファン同士で、なんとかもめ事をおさめる。
確か、ひとり多いその人・・・
そのまま残ったんじゃなかったっけな・・・。

ライブ終盤・・・
暴れ過ぎでもう靴も脱ぎたいくらいに足も痛いし熱い。
でも、最後までめいっぱい、ラフィン復活を味わった。
初めてのラフィンライブが、復活ライブで、とっても印象的だった。
かなり歳月の経った今でも、あの時のあの熱さ、興奮は忘れられない。

そして、ライブ終了。
心地よい疲労感と共に、会場を出た。
外はびしゃびしゃに濡れていた。
ライブの間、正に、会場の盛り上がりの如く凄い雷雨だったらしい。

そしてライブ終了間際に雷雨は収まり、
外には嵐の後と、心地よい風が吹いてた。

後日談・・・。 一緒に行った友が、
帰りに最寄り駅に止めていた自転車になんともタイミング良く
こんなモノ↓が付けられていた・・・と、記念にくれた。
loughin_3.jpg
当時ラフィンが出していた曲『warning<警告>』が付けられていたw


この日のライブじゃないけど
同じ年のライブの様子。
この熱さ懐かしいわ!!
ラベル:Laughin' Nose
posted by 紅緒 at 00:00| Comment(0) | ライブ:参戦(レポ付き) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。